映画に

見たものについての覚書 印象をピンで留め置くように

太陽の王子ホルスの大冒険(1968/日本)高畑勲

f:id:menmoku:20170226064031j:plain

 

画面を彩るアイデア、その豊かさ。たとえば冒頭のホルスと狼達との戦闘シーンからして、あの手斧の「縄」。そのアイデアの出色なこと。単なる剣でも斧でもなく、自在なリーチを展開できる「縄」の結びつけられた手斧というアイデアあらばこそ、そのシーンからして立ち回りのアクションは画面いっぱいに繰り広げられることになる。文字通りに「立ち回り」が「繰り広げられる」。つまり画面の中で回る運動と空間の広がりが十全に活かされる。この手斧の「縄」のアイデアは、その後のグルンワルドとの最初の対決のシーンでも、やはり文字通り「運命の手綱」として演出に活かされる。悪の親玉に「運命の手綱」を握られてしまったことが判然とする瞬間のちょっとした戦慄は、そのまま悪の親玉たるグルンワルドのキャラクター性に投影されて、その印象を見る者のうちに暗に刻みつける。

 

作劇的には、単純に言えば善と悪の対決で、社会主義的な理念の投影を以て全体のドラマが構成されているのも確かだろうが、それがそれでもドラマティックに観る者に迫り得るのは、それが何より個の実存の問題として描き出されるからにある。いわばそれは個の実存の内に展開される仮面劇であり、たとえば少女ヒルダの葛藤する心の内はリスと梟の二者に託されて演じられることになる。よくある心の内の天使と悪魔の対立のような観念の図式化のようだが、それが心の内の形象化にとどまらず、実際にヒルダの周囲につかずはなれずするキャラクターとして描き出されることで、それらはヒルダを巡る演出の中に組み込まれ、ヒルダの葛藤する心の内をアクションとして表現することが出来るようになる。

 

つねに行動しつづけるホルスと、つねに苦悩しつづけるヒルダとは、それじたい一個の実存の内的な葛藤の形象化ではあるかも知れない。しかしそれが単なる形象化にとどまらない内実を獲得し得たのは、とくに少女ヒルダの具体的な演出的造形によるところが大きい。たとえば、まずあのわずかな描線のゆるみやゆがみで表現されるその表情の機微。微妙な按配にゆるみ、ゆがむところの眉間や口元は、その苦悩の繊細さの形容し難い機微をあらわしてあまりある。また決意したときにヘアバンドを決然と刃で断ち切る仕草や、なすがままになぶり者にされるときのからだのふらつきも、その心の内のありようが見える動きとしてそこに如実に示される。見る者はそんなヒルダの一挙手一投足にこそ魅せられることで、そのドラマを信じることにもなる。

 

社会主義的な理念の投影を受ける作劇は、その理念からすればさまざまな矛盾を含蓄することにはなる。協同の尊厳を描こうとしながら、それが作劇としてはホルスやヒルダやグルンワルドという象徴的な存在に託すことでしか描かれ得ず、協同の理念がそのあり得べきかたちのままに描かれることはない。それはむしろ、理念が現実化するときに被る普遍的な物語化のありようをこそ体現してしまっている。何某主義の理念などより、もっと根底的に人間のイマジネーションに訴求するのは、結局象徴的な存在が象徴的な対立を演じるような神話的物語だということ。だからこそ、現実には社会主義理念は無惨に滅び去ったわけで、だからこそ、作家としての高畑勲はそののちに、行動するホルスではなく苦悩するヒルダをしか描くことが出来なくなったのかも知れず。(宮崎駿は、むしろその少年と少女の結びつきをこそ信じようとすることで、描くべきものを模索し得た。)

 

それでもホルスの様な象徴が信じられていたその朗らかさは、たとえば船出するホルスの姿にきらめく太陽の光が一瞬重なるような何気なくとも素晴らしく勢いに充ちた描写に端的に形象化されている。その一瞬だけで映画自体を信じたくなるような一瞬。