読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画に

見たものについての覚書 印象をピンで留め置くように

マッドボンバー(1973/アメリカ)バート・I・ゴードン

f:id:menmoku:20170211002356j:plain

 

爆弾魔チャック・コナーズ、刑事ヴィンセント・エドワーズ、強姦魔ネヴィル・ブランド。

この三人のおやじどもが、その独特に型にはまったキャラクターで映画を支える。とくにチャック・コナーズは、2メートル超もあるらしいその体躯をもてあます様に身を屈め、背広を着て眼鏡を掛け、手製爆弾を忍ばせた紙袋を小脇に抱えて巷間を歩き回るその姿が、何とも言えずオカシく、可笑しく、同時に何かしらもの悲しい。


映画は冒頭からして爆発の被害者達の酸鼻極まる死骸をあからさまに映し出す。だが、爆弾魔にせよ強姦魔にせよ、その凶行の描写はむしろ淡泊で、呆気なく爆発は起こるし、呆気なく強姦は為される。強姦の被害者は呆気なく身を投げ、また呆気なく縊り殺される。
映画ってこんなことでいいのかしら、と思わないでもないが、しかしそれもちゃんと映画になってしまうように見えるのは、やはりあの三人のおやじどもの独特に型にはまったキャラクターの適格ぶり故なのかも知れず。


この三人、物語として読み解けば、行き場もない鬱屈を持て余さざるを得ずに生きているという意味で共通している。故にこそ、チャック・コナーズは、最期に無惨な自爆の死骸を不様に白日にさらさねばならない。まるで轢き殺された獣のようだが、しかし人としてのなりをとどめた肉塊。その不様な無惨を敢えて「これを見よ」とばかりに見せつけるこの映画は、行き場のない鬱屈のもの悲しさの映画だったのかも知れず。

 

ネヴィル・ブランド演じる強姦魔が、裸体の妻の映写映像に見入って興奮する場面、そのイメージは、なにかが妙でもある。尤もらしく演出するというよりあられもなく不様を露呈させてしまう映像の暴力がにじんでいるような感がある。そしてネヴィル・ブランドは、興奮の絶頂でチャック・コナーズの爆弾に爆殺されて見事に吹きとぶ。やはり、なにかが妙。